茨城県北茨城市 葬儀 葬祭 アイパル典礼

すべてに迅速に対応、責任を持ってご奉仕いたします。
 自宅・公営斎場(やすらぎ聖苑・泉沢霊園・高萩十王斎場・鞍掛山斎場・平和台(日立中央) 会館・金沢斎場常盤ひたち海浜広域斎場、等)・ 集会場でのご葬儀も承ります。 また、事前の葬儀のご相談も随時承っております。 しきたりや宗教のこと、葬儀の内容を事前に知っておきたい方が近年増えております。どんな事でも結構ですので、専門の相談員がいる当社へ一度ご相談ください。 尚、お伺いした個人情報は、お客様の承諾なく保存等は致しません。その場で廃棄いたしますのでご安心ください。

label1
医師による死亡の確認。
家族やご親戚の方々への連絡が必要です。
label2
当社へ直接ご連絡をお願い致します。看護師の方や、ご親戚に任せると関係のない葬儀社がお迎えに来る可能性があります。
当社へ連絡を頂いて、約30分〜でお迎えにあがります。
臨終
搬送先からご自宅、または最寄りの会館等へ専用のお車でお送り致します。
専用車にはお二人まで同乗が出来ます。
label4
ご自宅(または会館)に安置を行います。その際に御焼香ができる準備を行います。
当社で御焼香を出来る一式を持参しております。
label5
葬儀の日時、場所の決定を行います。菩提寺様、神社様と連絡を取りながら日時が決定致します。
火葬の日時もこの時に決定致します。尚、市町村の役所によっては、火葬の届け出を直接出向いて行わなければならない役所もあります。
火葬手続きの役所届け出は、当社で代行致します。
label6
葬儀の内容を打合せさせて頂きます。お返しの品、お料理、祭壇、お供物などを故人様のお人柄と共に伺い、決定して参ります。
当社係員からも随時アドバイスを行います。分からない事は調べてさせて頂き、回答を必ずお客様へ致します。
決定した内容は、お見積書として必ずお客様へお渡ししております。
label7
お棺に納める前に、故人様のお体を清め、お棺に納める儀式です。
家族の方々、ご親戚の方々で行うのが一般的です。愛用品や副葬品をご用意願います。
副葬品は火葬できる事が前提です。詳しくは係員にお聞きください。
通夜式を行う会館まで専用車両で移動致します。会館到着後は、通夜式の流れ、ご会葬くださるお客様への対応方法など詳しく係員がご説明致します。    最近の通夜は、多くの場合、翌日に行なわれる告別式に参列できない人のためのお別れの式という意味合いが強くなっています。
訪れる人の数も、告別式より多いくらいです。今日の通夜は午後の六時~七時頃から執り行い、1~2時間ほどで終わりにする半通夜の形式が一般的です。
それでも、灯明と線香の火を絶やさないように、交替で夜通し見守る習わしを守る家はまだ多いようです。
通夜振舞(お料理)をご用意しております。開式前にご家族、ご親族の皆様はお済ませ下さい。また、ご会葬にいらっしゃったお客様へお礼のが挨拶をお願い致します。
label9
葬儀は、死者を成仏(じょうぶつ)という永遠の悟りに導くための儀式とします。ですから、遺族や参列者は故人の成仏を祈ります。
また、告別式は、一般会葬者が故人と「最後の別れ」をする社会的儀式といってもいいものです。ですから、本来、葬儀と告別式は別々に営まれるものです。
しかし、今日では、宗教的儀礼である葬儀と社会的儀礼である告別式を区別せず、葬儀の一連の流れとして行なうのが一般的になってきました。
また、ご会葬にいらっしゃったお客様へお礼のご挨拶をお願い致します。
label10
故人様のお姿でのお別れとなります。生花でのお別れが一般的です。一部ご会葬にいらっしゃったお客様もお花でのお別れに立会われます。
お声をおかけしながら最後のお別れの時間をお過ごし下さい。
label11
火葬後の故人様の遺骨を納骨器に納めください。そのまま埋葬へ行かれる場合は、墓地へと出発致します。墓地到着後は屍櫃(かろうと)へお骨を納めます。お寺併設の墓地は、本堂での読経等がある場合があります。
label12
埋葬終了後、会館に戻り最後のお清めを(精進会席、神式では直会)行います。家族の方々からご親戚や参列頂いたお客様(全てではありません)をおもてなしする意味も含まれております。
献杯のご発声、家族代表の御礼など役割をお決めいただきます。
生前特にお世話になった方で、ご親戚以外の方は事前にお声がけをして、精進会席まで参加をお願いしますと伝えると良いでしょう。
label13
精進会席終了と同時に葬儀一切は終了となります。その後はお自宅まで送迎バスの依頼があれば送迎致します。また、会館にあがったお供物品は、ご自宅まで運搬致します。
お香典の引き継ぎも同時に行います。